女性ならではの体のリズムに沿って痩せるサプリを有効活用してみましょう

加齢とは別に、出産以前、以後で体質が変わったように思うと書いた筆者ですが、女性には出産以外にも
生理や排卵などホルモンバランス次第で1か月の間にも日々、体調が異なることがあるように思います。

自分の体のリズムを知ることが痩せる体を手に入れる第一歩です

たとえば筆者の場合、排卵日には腹痛があるのとともに、消化が悪くなるような感じがあります。
単純に便秘になるということではなく、腸が重くなったような感じがし、鈍い痛みを伴います。
前日までと比較すると食べたものが腸に留まっているような感覚があり、排便があっても少量だったりします。
ちなみに生理前になると反対におなかをこわすことが多々あります。
これは個人差があるものなのかどうか詳しくはわかりませんが、一般的にどうかということよりも自分の体のリズムをよく知って、それに合う対応をするのが大切なのではないかと最近と思うようになりました。

人まねをしてみても自分には効果がないことも多くあります。
実際、ダイエットとは別の話ですが、出産して母乳育児をしているというのにさっさと生理が戻って驚いたという筆者です。
母乳を与えることを止めると生理が戻るというのが一般的に言われていることですが、私にはまったく当てはまらなかったのです。
他にも夫は朝食を食べると午前中、胃がもたれて仕事にならないようですが、筆者は反対です。
朝食を抜こうものならおなかの虫が朝から大合唱! 食事をとるまでまったく頭が機能しません。

排卵日前後の消化不良には排出系サプリを飲んでいます

話を戻しまして、排卵日のお話。
排卵日前後は消化が悪くなりがちだなというここ最近のリズムに気がついたので、それに合わせてもサプリを有効活用してみることにしました。
それはズバリ、糖質カットサプリを購入しに行った際に見つけた、排出系サプリです。
排出系サプリとは、つまりは便秘解消効果を得られるというもの。なかでもキトサンなどの不溶性食物繊維を含んだサプリに注目。
筆者の場合、排卵時は腸の動きが鈍っていたり、便の量が減るような重い感じがあります。

ですから、腸壁を刺激して腸のなかの有害物質を出そうと促したり、便の量を増やしたりする働きがあるという
不溶性食物繊維が有効だろうと踏んだのです。

Comments are closed.